2011年06月30日 « 新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ » 2011年07月02日

2011年07月01日

大阪市城東区 TK様邸

城東区TK様邸 要望をカタチに お客様の声 【お施主様の声】 はじめは知人からの紹介でしたが、家づくりの検討が進むにつれ、ひとつひとつの課題にきちんと参考資料や見本を用意して丁寧に説明してくれたので、家づくりのことが何もわかっていない私たちでも安心していられました。 「整理しやすい家」とか「親戚の集まる部屋」のような漠然とした要望の中から、ちゃんと私たちの真意を汲み取ってカタチに結びつけてもらえ、とても信頼できました。 2階にも使いやすい場所に洗面台やトイレを設計してくれているので、娘の友人からも気兼ねなく遊びにこれると、好評なんです。
プランづくり 【プランづくりのきっかけは】 「法事などで親戚が集まる日があるんですが、あまり生活空間には入って欲しくないんです」 共通の知人からご紹介いただき初めてお会いした際、ハウスメーカーさんのプラン図を手に、上記のようにお話くださいました。 ご要望の先にあるものを想像しながら、数パターンのゾーニングプランを作成しご検討をお願いしたところ、1つのパタンが「一番理想的」とご評価いただくことが出来ました。
【プランニングのポイント-1】 訪問客用の空間と生活空間をゆるやかに分離 来客ゾーンと生活ゾーンの動線を、重ならず・長くならずに設計するために、通常家の片隅に追いやられる水マワリゾーンを家の中央にレイアウト。 来客ゾーンは、不使用時にはリビングと間続きの部屋になるよう、引込み戸でゆるやかに間仕切っています。 来客ゾーンをゆるやかに間仕切り
収納と採光 【プランニングのポイント-2】 北向きの和室に、収納と採光を両立 和室収納も欲しいし、明かり取りの窓も欲しい。 レイアウト的には北面の壁に収納と仏間を配置するほかに選択肢はありませんでした。 収納と採光を両立するために、押入れの下部に「地窓」を提案しました。 収納下に現れた空間は、さりげない置物にもピッタリ。
【プランニングのポイント-3】 北向き玄関でも明るくしてくれる-トップライト 北向きの玄関はややもすると暗くなりがちです。 そこで玄関とホール分を吹き抜けにし、上部に天窓を設置しました。 いつお伺いしても、明るく開放的な気分が味わえます。 玄関を明るく開放的に
回遊できるウォークインクローゼット 【プランニングのポイント-4】 回遊できて便利に使える-ウォークインクローゼット 各居室に大型収納を計画するのは、当然のことです。 それ以上に年頃のお嬢さんとお母様が「ニコニコ」できる空間は、それぞれの部屋とつながっているウォークインクローゼットです。 回遊できるので使いやすさは抜群です。
【プランニングのポイント-5】 大阪の市街地ならではの採光対策 となり近所が密集している大阪の市街地。 道路に面していない部屋ではなかなか光が差し込みません。 そのような建物の中央部分の居室には、いつでも光が差し込み、青空を見上げることのできるトップライト(天窓)を設計しました。 トップライト
■■ 施工実績 TOP ■■

施工実績

家造りのストーリー 家造りのヒントが見つかる
25ban-06.png 大阪市城東区TB様邸/敷地面積:約27坪/木造2階建 ご両親の希望により、土地を購入して息子さん夫婦と同居となる2世帯住宅を実現。 >>>詳細はコチラ
25ban-05.png 大阪市城東区TN様邸/敷地面積:約13坪/鉄・木混構造 とても若い新婚ご夫婦の新居の建築先は、ご両親の実家のガレージの上でした。 >>>詳細はコチラ
25ban-04.png 大阪市城東区YM様邸/敷地面積:約11坪/木造2階建 もともと長屋住宅の中の1軒を所有されていたYM様は、リフォームよりも長屋を切り離しての新築という大事業を選ばれました。 >>>詳細はコチラ
25ban-03.png 大阪市城東区TK様邸/敷地面積:約53坪/木造2階建 南北に長い建物に、動線と採光にこだわった家。 >>>詳細はコチラ

大阪市城東区 YM様邸

城東区YM様邸 長屋住宅の建替え お客様の声【お施主様の声】 古い長屋住宅の1軒だったので、何年も何年もリフォームしようかと迷っていました。 でもリフォームの場合は、悩みのタネだった基礎の低さが解消できないため、建替える方へと気持ちが傾いていたんです。 そんな時期にサテラホームさんと出会い、資金面での不安、長屋住宅を切り離すことの不安、そして建替え前よりも居住空間が狭くなることへの不安・・・とにかく不安がいっぱいだった私たちの声に、何度も耳を傾け、私たちの気持ちのスピードに合わせて、一つ一つ実現できる方法を説明してくれました。
プランづくり【プランづくりのきっかけは】 「こんな間取りにしたいんですけど・・・・」 当社の構造見学会に、近くの不動産屋さんの広告を手に奥様がお越しになられました。 その時はリフォームをするか、建替えるのか、とても悩んでおられるご様子でした。 まずは、「敷地調査」を実施し、どんな大きさの建物が建築可能なのかを、一緒に検討してみませんか? と、ご提案を差し上げたところから、長屋を切り離しての家造りがスタートしました。
【プランニングのポイント-1】 長屋住宅切り離しの注意点-敷地が狭くなる 長屋住宅の注意点は1本の柱を2軒の住宅で共有していることです。 解体後にはお隣さんのために柱を残しますから、柱の厚み分境界を越境される形になります。 プランニングの際は、充分な注意が必要なのです。
長屋の切り離し
ゾーニング 【プランニングのポイント-2】 休む・くつろぐ・収納する-の視点でゾーニング 長屋を切り離したことで、間口も居住面積も狭くなってしまう問題点を、居住空間に役割を与えるようにゾーニングすることで、以前よりも住みやすく、また使いやすくなるよう設計しました。
【プランニングのポイント-3】 間口狭小・奥行き長大でも光が差し込む住まいに 南向きにしっかりと間口部を設け、居室の扉は建物の中まで光が伝わるようシースルータイプにしました。 また、1階中部に設けた「和ダイニング」には、天井近くに横長のトップライトを設置。 家中に少しでも光が取り込めるよう計画しています。
光が差し込む部屋
和ダイニング 【プランニングのポイント-4】 いつでも全開口で部屋が繋がる和ダイニング 長年の和室を中心とした生活スタイルを変えることなく、ダイニング&キッチンという新しいスタイルを共存させたい。 このことを、キッチンと間続きの和室との取り合いを壁の中に扉をすべて収納できるようにすることで、いつでも全開口で部屋が繋がる「和ダイニング」を実現しました。 もちろん、キッチン側からの明かりが取り入れられるようにシースルータイプの建具を使用しました。
■■ 施工実績 TOP ■■

2011年06月30日 « 新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ » 2011年07月02日
資料請求
サテラホーム株式会社 | Facebookページも宣伝


リクルート社「大阪の注文住宅」2011年春号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2011年冬号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2010年秋号に掲載されました

メディア掲載