新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ ->  家作りパーフェクトガイド  -> マイホームの優遇税制  -> 資金の応援を受けるなら平成23年までに受けるのがお得

資金の応援を受けるなら平成23年までに受けるのがお得

金利負担の大きくなる住宅ローンは、可能な限り少なく抑えるのが、賢いマイホームの買い方です。
そんな時、頼りになるのは、ご両親からの資金援助。

とはいえ、もう可能限り援助を受けようとしてしまうと、高税率の贈与税が課税されてしまうかもしれません!

贈与税のかからない範囲で、上手に活用しましょう。


贈与税の非課税枠のガイドライン

◇平成22年中の住宅資金の贈与の非課税枠  ・・・ 1610万円
◇平成23年中の住宅資金の贈与の非課税枠  ・・・ 1110万円
◇平成24年以降の住宅資金の贈与の非課税枠 ・・・  610万円


平成24年以降の非課税枠は、平成21年以前の非課税枠に移行すると仮定しています。
状況は都度変わってくるので、条件付きのものとしてください。


マイホームは、なんといっても大きな買い物です。


資金の援助が受けられる方なら、やっぱり平成22年中に取り組んでおくことが、最大限メリットを享受できることにつながります。

Step8 ::: 高断熱住宅ならエコポイントゲット



新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ ->  家作りパーフェクトガイド  -> マイホームの優遇税制  -> 資金の応援を受けるなら平成23年までに受けるのがお得
資料請求
サテラホーム株式会社 | Facebookページも宣伝


リクルート社「大阪の注文住宅」2011年春号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2011年冬号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2010年秋号に掲載されました

メディア掲載