【設定用】住宅支援制度のご紹介

次世代住宅ポイント制度(2019年版)

次世代住宅ポイント制度2019年10月には消費税が10%に増税される予定です。

政府は、増税対策として高性能な住宅を新築した場合、ポイントを付与する制度を制定しました。

主な概要は

(1) もらえる人 住宅を新築する人、新築分譲住宅を購入する人
(2) 主な用件 その住宅に住む人、4月1日以降に契約し、10月1日以降に引渡しを受ける人
(3) もらえる性能 所定の性能を有する住宅:30万ポイント
高性能を有する住宅:+5万ポイント
家事軽減設備:9千~1万8千ポイント
ただし、上限は35万ポイント

所定の性能を有する住宅とは(1) エコ住宅(断熱等級4又は一次エネルギー等級4を満たす住宅)
(2) 長持ち住宅(劣化対策等級3且つイジ管理対策等級2等をみたす住宅)
(3) 耐震住宅(耐震等級2を満たす住宅又は免震建築物)
(4) バリアフリー住宅(高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅)

高性能を有する住宅(5) 認定長期優良住宅
(6) 認定低炭素住宅
(7) 性能向上計画認定住宅
(8) ZEH(ゼッチ)

家事負担軽減設備(9) ビルトイン食洗機
(10) 掃除しやすいレンジフード
(11) ビルトイン自動調理対応コンロ
(12) 浴室乾燥機
(13) 掃除しやすいトイレ
(14) 宅配ボックス

次世代住宅ポイント制度について詳細はこちら(https://www.jisedai-points.jp/

すまい給付金

すまい給付金本制度も消費税増税対策して制定された制度です。

簡潔にまとめますと、住宅を取得すると所得に応じて10万円~50万円が給付されます。

給付を受けられる人(10%に増税後)住宅を新たに取得(新築中古問わず)する人であり、その年の収入額が775万円以下の人。年の収入が少ない人ほど多く給付を受けられる制度

住宅の要件

  • 新築中古問わず床面積が50㎡以上あること
  • 新築の場合は施工中の検査を受けており、
    (1) 住宅瑕疵担保責任保険へ加入した住宅であること
    (2) 建設住宅性能表示制度を利用する住宅
    (3) 住宅瑕疵担保責任保険法人より保険と同等の検査が実施された場合
  • 中古住宅の場合は検査を受けたい震基準および一定の品質が確認された住宅であり、
    (1) 既存住宅売買瑕疵保険へ加入した住宅であること
    (2) 既存住宅性能表示制度を利用した住宅
    (3) 建設後10年以内であって住宅瑕疵保険責任保険に加入している住宅又は建設住宅性能表示制度を利用している住宅であること。
  • ただし住宅ローンを利用していな場合はフラット35Sの基準に適合する住宅であること。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料詳しくはこちら

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

メニュー