新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ ->  サテラホームの太陽光住宅  -> 再生可能エネルギーの固定価格買取制度スタート

再生可能エネルギーの固定価格買取制度スタート

27-taiyoko-004.png2012年7月1日より、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」(新制度)がスタートしました。
この制度で定義されている再生可能エネルギーとは、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなどを用いて発電された電気のことです。
発電された電気を、国が定めた固定価格で電力事業者に買い取るよう義務付けていることが、この制度の基本的な在り方です。

なぜ「再生可能エネルギー」と呼ぶのと言いますと、「再生可能エネルギーとは、資源が枯渇せず繰り返し使え、エネルギー源として永続的に使用できるもの」
と、このように法律上に定義されています。

私達の身近な「再生可能エネルギー」は、ご存知のとおり「太陽光発電」です。

私達がマイホームに設置する「太陽光発電システム」によって発電された電力は、全量ではなく余剰電力分を電力会社買い取ってくれる仕組みになっています。

【買取金額】 42円/1kwh
【買取期間】 10年間
 
 ※10年間の買取期間が終わったあとの買取制度については、現時点でまだ決まっていません。


新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ ->  サテラホームの太陽光住宅  -> 再生可能エネルギーの固定価格買取制度スタート
資料請求
サテラホーム株式会社 | Facebookページも宣伝


リクルート社「大阪の注文住宅」2011年春号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2011年冬号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2010年秋号に掲載されました

メディア掲載