新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ ->  サテラホームの太陽光住宅  -> 狭小住宅の太陽光発電 パネル選択時の注意点

狭小住宅の太陽光発電 パネル選択時の注意点

27_taiyoko_003.jpg狭小住宅にとって、太陽光発電システムを搭載するにあたって、最大の悩みは、『屋根の面積が小さい』ことです。

たくさんの発電量を確保するには、それに比例して太陽光パネルを設置しなければなりません。
太陽光パネルの大きさは、およそ畳1枚分と考えてください。

ここで注意すべき点は、太陽光パネルの性能はメーカー各社によって異なっていることです。

性能の優劣と、価格の高安はおおむね比例していると考えて良いでしょう。

設置時の費用は少ないにこしたことはありませんが、現在の余剰電力買取制度などを勘案すると、長期的に見て、出力性能の高い製品を設置した方が経済的なメリットがあります。

では、実際にメーカー各社の太陽光パネルの性能を比較してみましょう。

すると、太陽光パネルの性能とパネルの大きさが各メーカーごとでマチマチであることが判ります。
これでは、単純には比較できません。

弊社では、1㎡あたりの出力性能、パネル価格を比較し、1㎡あたりの出力性能の高いパネルをお薦めしています。


新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ ->  サテラホームの太陽光住宅  -> 狭小住宅の太陽光発電 パネル選択時の注意点
資料請求
サテラホーム株式会社 | Facebookページも宣伝


リクルート社「大阪の注文住宅」2011年春号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2011年冬号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2010年秋号に掲載されました

メディア掲載