新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ ->  サテラホームの太陽光住宅  -> 狭小住宅の太陽光発電事情

狭小住宅の太陽光発電事情

27_taiyoko_002.jpg太陽光発電システムは、どなたでもご存知のとおり、太陽の日射を浴びることにより発電する仕組みです。

ですから、大阪のような住宅密集地に、太陽光発電システムを設置するには、予め、いくつかの要件を満たしておかなければなりません。

■第一に、1年を通して昼間の時間帯に太陽の日射があたる立地であること。
■第二に、屋根の傾斜の大半が南面に面していること。(東西でも可能ですが出力は低くなります)
■第三に、勾配屋根の面積が20㎡程度以上あること。(陸屋根は除きます)

設置するからには、設置効果がちゃんと手に入れられるように計算しなくてはいけません。

特にこれから新築を検討される方は、屋根の傾斜の向き、そして屋根の形状については、事前に住宅会社様と相談されることをお薦めいたします。



新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ ->  サテラホームの太陽光住宅  -> 狭小住宅の太陽光発電事情
資料請求
サテラホーム株式会社 | Facebookページも宣伝


リクルート社「大阪の注文住宅」2011年春号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2011年冬号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2010年秋号に掲載されました

メディア掲載