2012年02月 « 新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ » 2014年12月

2012年09月08日

狭小住宅の空間を豊かにする提案

狭小住宅の空間を豊かにする提案


狭小地の空間を豊かに


大阪府下・大阪市内でマイホームを手に入れたい!

でも、大阪(特に大阪市内)は土地が高い!

その上、もともとの区画もかなり小さいのが大阪の土地です。

限られた土地だけど、満足いく、そして家族がみんな笑顔で暮らすことができる

そんなマイホーム造りを私たちはお手伝いしたいと考えています。


ところで、大阪府下には2種類の住宅が存在しています。

一つは、ガレージや小さいなりにも庭がある2階建住宅。

そしてもう一つは、小さな土地に合わせてガレージを建物に組みこんだ3階建て住宅です。

全国平均的な住宅というと、ガレージや庭がある2階建て住宅のことを指します。

私達にとってごくごく標準的な3階建て住宅は、実は全国的に見て少数派の建物だったのです。

圧倒的多数の2階建て住宅や、マンションと同じような感覚で、3階建て住宅を建築してしまうと、

実は非常に「暮しにくい家」になってしまいます。


大阪府下・大阪市内の狭小住宅・3階建て住宅専門の住宅会社である私たちの視点で

限られた住空間をいかに「快適」で「より豊か」なものにするために考えておくべきことを

ご紹介させていただきます。

>>「サテラホームからの提案」へ続きます

冷暖房効率の悪さを織り込む設計

まず、なんといっても3階建住宅は冷暖房の効率が悪い!

3層住宅の冷暖房効率の悪さは2層住宅の比では有りません。

特にマンションのようなワンフロアースタイルからの住み替えともなれば、

この冷暖房効率の悪さは想像を絶するものです。

3階建て住宅の課題あたり前のことですが、冷たい空気は下へ下へと下がり、暖かい空気は上へ上へと上がっていくものです。

冷たい空気とは、夏場の冷房のことを指し、

暖かい空気とは、冬場の暖房のことを指します。

そして建物の中には「階段室」という吹き抜けが必ず存在します。

この「階段室」を通じて、冷気は下へ逃げ、暖気は上へ逃げていくため、

居住空間を快適に保つためにはエアコンをフル稼働させなければならないでしょう。

□冬は足元が冷え冷えする。

□夏は締め切った部屋以外は、灼熱空間

夏は暑く、冬は寒いなんてことになると困りますよね。

以前、とあるテレビ番組で、3階まで吹き抜けのあるとても素敵なデザイン住宅が紹介されていました。

白を基調とした開放的な吹き抜けがとても魅力的でしたが、

映像の隅っこには、場に似つかわしくない扇風機が何台も全開で回っていました。

きっと夏の暑さは大変なことでしょう。

サテラホームからの提案


1、リビングに直接開口のある、リビングイン階段の採用を避けてみましょう。


2、リビングイン階段が必要な場合は、階段の開口部に透過性のあるスライディングウォールや、

  ロールカーテンなどを取り付けられるように検討しておきましょう。


3、開放的な吹き抜けをプランに組み入れる際には、全館空調の導入を検討する。


4、屋根裏には遮熱性の高い断熱材を採用する。

ぜひ、ご検討ください。

垂直方向の空間をいかに活用するか

狭小住宅・3階建住宅は、水平面積に限りがあるわけですから、

垂直方向の空間をいかに活用するのか。

設計上、ここが大きなポイントとなります。

水平面積が限られているということは、

平面上のレイアウトには限界があるということに他なりません。

たとえば、

□「部屋の面積を確保するために収納数を減らしてみました」

□「収納を増やしたら窓が無くなった」

□「敷地いっぱいに建てることを優先したら自転車を置けなくなった」

限られた空間で理想の間取りを実現しようとするのですから、

検討過程で、このような誤った選択をしそうになることも必ずありますし、

現実的には、大阪府内、大阪市内の市街地でのマイホーム計画では

ほぼ100%このような難問題に直面しているのも事実と言えます。

このような難問題を解決するためには、

空間の垂直方向に視点を向けることが必要です。

空間のキャパシティー不足の解決を図るために、私たちは次のような提案をしています。


サテラホームからの提案


ロフト1、ロフトや小屋裏収納の活用を検討しましょう

2、床下収納や畳下収納の活用を検討しましょう

3、タタミコーナーなど、床面に段差を付け空間を生み出しましょう

4、壁の厚みはもったいないので、壁厚収納を活用しましょう

5、天窓・床窓と収納を組み合わせば収納があっても光が採れます


ぜひ、ご検討ください。

そして、限りある空間を少しでも豊かなものへと工夫して行きましょう。

2012年09月01日

太陽光発電施工事例 ご新築の事例

28_taiyoko_010.jpg新築住宅の施工事例としてご覧いただくのは、鉄骨住宅3階建の住宅の事例です。
R階の半分を太陽光発電システムのために勾配屋根とし、残りのスペースは屋上としてご使用になられる計画でした。

設計段階から太陽光発電システムの搭載を検討しておくことは、建物の外壁に不細工の電気配線が露出することもなく、また工事完了までに電力会社との連係も完了しますので、大変効率的です。

太陽光パネル・その他機器の設置

太陽光パネルの設置工程です。

1)取り付け金具の設置
取り付け金具の設置

2)太陽光パネルの設置
太陽光パネル

3)接続箱の設置
28_taiyoko_012.jpg

4)連係の確認
発電モニター

太陽光発電施工事例 リフォームの事例

28_taiyoko_006.jpgリフォーム工事としてご覧いただく事例は、鉄骨3階建の住宅です。大阪市内ではとみによく見る規模の住宅です。

屋根は切り妻とし、妻は南北を向いています。したがって勾配は東西に流れているため、東面に8枚、西面に8枚の合計16枚の太陽光パネルを設置し、最高発電容量は3.36kwhとなっています。

太陽光パネル・その他機器設置の流れ

1)屋根の小屋組みの構造を調査します。

  この際、建築時の設計図や仕様表があれば調査が簡単にできます。


2)3階建住宅の場合は、足場の架設が必要です。
足場架設

3)太陽光パネルを設置します。
取り付け金具施工

パネル設置

4)接続箱やパワーコンディショナーを設置します。
接続箱の設置

5)後日、電力会社が売電メーターの取り付けにきます。
売電メーター取り付け.jpg


6)連係の確認ができしだい、使用可能になります。

サテラホームの狭小住宅の太陽光発電住宅

22_taiyouko_001.jpgエネルギー問題は、私達にとって重大で永遠の課題と考えています。
私達が消費するエネルギーを、全て外部に依存するのではなく、一部分でも自給自足できる形を整えることを、これからの時代は求められていると考えます。

サテラホームでは、そのような考えから、積極的に太陽光発電システムの導入を推進しています。

国の政策面でも、家庭への太陽光発電システムの普及を推進しており、太陽光発電システムの設置に対する経済的負担も小さくすむようになっています。

新築住宅・既築住宅のリフォームを問わず、太陽光発電に関心をお持ちでいらっしゃるなら、資料を差し上げていますので、ご遠慮なくお問合せフォームよりお申し付けください。

27taiyo-005.png

omousikomi.gif

狭小住宅の太陽光発電事情

27_taiyoko_002.jpg太陽光発電システムは、どなたでもご存知のとおり、太陽の日射を浴びることにより発電する仕組みです。

ですから、大阪のような住宅密集地に、太陽光発電システムを設置するには、予め、いくつかの要件を満たしておかなければなりません。

■第一に、1年を通して昼間の時間帯に太陽の日射があたる立地であること。
■第二に、屋根の傾斜の大半が南面に面していること。(東西でも可能ですが出力は低くなります)
■第三に、勾配屋根の面積が20㎡程度以上あること。(陸屋根は除きます)

設置するからには、設置効果がちゃんと手に入れられるように計算しなくてはいけません。

特にこれから新築を検討される方は、屋根の傾斜の向き、そして屋根の形状については、事前に住宅会社様と相談されることをお薦めいたします。


狭小住宅の太陽光発電 パネル選択時の注意点

27_taiyoko_003.jpg狭小住宅にとって、太陽光発電システムを搭載するにあたって、最大の悩みは、『屋根の面積が小さい』ことです。

たくさんの発電量を確保するには、それに比例して太陽光パネルを設置しなければなりません。
太陽光パネルの大きさは、およそ畳1枚分と考えてください。

ここで注意すべき点は、太陽光パネルの性能はメーカー各社によって異なっていることです。

性能の優劣と、価格の高安はおおむね比例していると考えて良いでしょう。

設置時の費用は少ないにこしたことはありませんが、現在の余剰電力買取制度などを勘案すると、長期的に見て、出力性能の高い製品を設置した方が経済的なメリットがあります。

では、実際にメーカー各社の太陽光パネルの性能を比較してみましょう。

すると、太陽光パネルの性能とパネルの大きさが各メーカーごとでマチマチであることが判ります。
これでは、単純には比較できません。

弊社では、1㎡あたりの出力性能、パネル価格を比較し、1㎡あたりの出力性能の高いパネルをお薦めしています。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度スタート

27-taiyoko-004.png2012年7月1日より、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」(新制度)がスタートしました。
この制度で定義されている再生可能エネルギーとは、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなどを用いて発電された電気のことです。
発電された電気を、国が定めた固定価格で電力事業者に買い取るよう義務付けていることが、この制度の基本的な在り方です。

なぜ「再生可能エネルギー」と呼ぶのと言いますと、「再生可能エネルギーとは、資源が枯渇せず繰り返し使え、エネルギー源として永続的に使用できるもの」
と、このように法律上に定義されています。

私達の身近な「再生可能エネルギー」は、ご存知のとおり「太陽光発電」です。

私達がマイホームに設置する「太陽光発電システム」によって発電された電力は、全量ではなく余剰電力分を電力会社買い取ってくれる仕組みになっています。

【買取金額】 42円/1kwh
【買取期間】 10年間
 
 ※10年間の買取期間が終わったあとの買取制度については、現時点でまだ決まっていません。


2012年02月 « 新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ » 2014年12月
資料請求
サテラホーム株式会社 | Facebookページも宣伝


リクルート社「大阪の注文住宅」2011年春号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2011年冬号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2010年秋号に掲載されました

メディア掲載