2011年04月 « 新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ » 2011年07月

2011年06月30日

大阪市城東区 TN様邸

城東区TN様邸 ガレージの上の家 お客様の声【お施主様の声】 実家のガレージの機能をそのまま残して、その上の空間を住まいとして使うという画期的な家づくりを叶えることが出来ました。 プランづくりをはじめた頃は、ガレージという小さなスペース(しかも変形地で)に建てるということもあり、かなり小さな家になるだろうと覚悟していました。 でも出来上がったプランが、予想以上に普通の家(笑)だったことにとても嬉しく感じました。 マンションが近接しているにも関わらず、全室が明るく風通しもよく、収納が多くてすっきり片付くことに満足しています!
プランづくり 【プランづくりのきっかけは】 「実家のガレージのスペースの上の空間に家が造れませんか?」 当社のOB様でもいらっしゃる、TN様のご両親からこのようなお電話をいただいたことが、マイホーム計画の始まりでした。 なんと、車2台のガレージの上に住まいを新築するとは・・・。 狭小住宅を得意としている私たちでも、これまで聞いたことのないリクエストでした。
【プランニングのポイント-1】
軽くて頑丈を両立-鉄木混構造
なんと言っても、ガレージの機能をそのまま活かして、なおかつ地震に強い軽くて頑丈な家を実現するための混構造(鉄骨造+木造)がポイントです。 これで車2台の並列駐車が可能です。
鉄・木混構造
天井を高く 【プランニングのポイント-2】
天井を高くすることで圧迫感を解消
限りある居室面積を少しでも広く感じられるよう、通常よりも15センチほど高くしました。(梁現しと呼びます) 開放感が得られます。狭小住宅には欠かせません。
【プランニングのポイント-3】
空間のムダを無くし家事動線の効率アップ
階段下の空間を事前にじっくりとシミュレーションしておくことで、ムダ無く水マワリを集約できました。 すぐ横にキッチンがあるので、主婦業や子育てに忙しくなる奥さんの家事動線を究極に短くシンプルにしました。
効率的な家事動線
密集地でも明るく 【プランニングのポイント-4】
明るい室内と風通しの良い部屋を実現
変形地であることを利用して、変形部分にスッポリと収まるルーフバルコニーを設置しました。 バルコニーの壁を通常の立ち上がり壁ではなくアルミ手摺とすることで、密集地ながらも明るく、風通しの良い環境を実現しています。
【プランニングのポイント-5】
壁の厚みさえ有効活用-埋め込み型靴収納
玄関は家の顔。でもどうしても広く取れないケースも多々有ります。 そんな時に既成の靴箱をおかずに壁の厚みを利用して造り付けてしまう。 これで玄関もスッキリ。
埋め込み型靴収納
■■ 施工実績 TOP ■■

2011年06月29日

大阪市城東区 TB様邸

城東区TB様邸 2世帯住宅が実現 お客様の声 【お施主様の声】 大阪市内でできれば2階建てで、さらに車が2台置ける2世帯住宅を手に入れるという希望が叶えることができました! 2世帯といっても互いに気を使うのは疲れるので、世帯間のプライバシーはちゃんと確保できるようキッチンや浴室は別々にしたいと思っていました。最近よく耳にする近居のような間隔です。 予算が限られていたので、予算内で土地から建築まで希望どおりの家が実現できるかどうかが心配でしたが、期待以上の住まいができて大満足です。

プランづくり 【プランづくりのきっかけは】 「お宅の売ってはる土地に2世帯住宅を建てたいと思っているんやけど・・・・」 弊社が分譲している土地の前から、このようなお電話をいただいたのがきっかけです。 その分譲地の立地面のメリットを活かしたプランをご提案したところ、かなり理想に近かったとのことでした。 やはり土地の要件は家作りにとって重要ですね。
【プランニングのポイント-1】
プライバシーに配慮のある2世帯住宅へ
2世帯住宅と言えども、それぞれの生活スタイルを無理して合わすことなく、気軽に暮しながら2世帯住宅の良さを得られるよう、1階が親世帯、2階が子世帯、それぞれにキッチンやお風呂など専用の設備を導入しました。
2世帯とプライバシー
2世帯住宅注意点 【プランニングのポイント-2】
2世帯住宅で上手く暮すための注意点
2世帯住宅である場合、ゾーニングする際の注意点は、親世帯の寝室の上に子供部屋をレイアウトしないことです。 互いを思いやる気持ちは、生活がはじまるずっと以前から必要なのです。
【プランニングのポイント-3】
空間は将来を見越してムダ無く使う
部屋数は足りていても、収納空間は子供の成長につれて不足がちになりやすいものです。 お子さんが成長してからも多用途に活用できる幅広のロフトを子供室に設けることで、将来のキャパシティー不足に対処しています。
将来の空間
生活スタイルに合わせて 【プランニングのポイント-4】
友達が大勢遊びにくるので玄関・ホールは広々と
息子さんご夫婦宅には毎週多くのお友達が訪ねてくるそうです。 いつも何気なく使う場所も生活スタイルに合わせて空間設計を。 大型クツ収納と併せて、いつも玄関はスッキリです。
【プランニングのポイント-5】
南向きの大開口にはエコガラスでフォロー
南に開けた明るい立地を最大限に活かすため、南側の部屋すべてに大きな開口(窓)を設けました。 大きな開口部(窓)は真夏の日射や真冬の冷気の影響を強く受けるため、断熱性能の高いエコガラスでしっかりフォローアップしています。
南向きはエコガラス
■■ 施工実績 TOP ■■

2011年04月 « 新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ » 2011年07月
資料請求
サテラホーム株式会社 | Facebookページも宣伝


リクルート社「大阪の注文住宅」2011年春号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2011年冬号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2010年秋号に掲載されました

メディア掲載