2010年01月 « 新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ » 2010年05月

2010年03月30日

住宅ローンを見抜く法

住宅ローン

「一番金利が低ければよい」、「返済額が一番少なければよい」という単純な理由で、あなたは住宅ローンを選択しようと考えていませんか?
事実、このような考えで、多くの方が間違った住宅ローン選びをしています。

2008年から2010年にかけて、全世界的に政策金利がもっとも低い時代といえます。
その恩恵もあって、住宅ローンも前例の無いほど低い金利を各金融機関が提示しています。

「住宅ローンの金利の低い今が、住宅購入のチャンス!」

こんなキャッチフレーズも聞こえてきそうですが、
これは、たしかにその通りです。

どこかの銀行では、変動金利が0.9%という驚異的な金利のローン商品が実際に販売されています。
銀行も、不動産会社も、住宅販売会社も、金利が安いからと進めてきます。

しかしそれは、自分たちの住宅が売りやすいからです。
このことは、ぜひ知っておいてください。

そして、30年ローンの全ての期間が0.9%の住宅ローンは無いのです。
変動金利で有る以上、1年後に1%上がってしまうかもしれませんし、
返済に困るほど金利が上がるかもしれません。

そうなっても、銀行も不動産会社も住宅販売会社もだれも責任を持ってはくれません。

むろん、「金利が5%上昇したところで、なんの心配もありません」という方は
まったく問題ありません。

そうではなく、金利が仮に2%も上昇し、月々の返済が3万円も4万円も増えたら返せないかも!?
と、不安のある方は、住宅ローンのカラクリを見抜かなくてはならないのです。

住宅ローン

住宅ローンを見抜くポイントとしては、

1、優遇金利がいつまで有効なのかとか、
2、固定期間のある住宅ローンを検討すること、
3、繰上げ返済の有効性を理解すること、
4、いくらまでなら、金利が上昇しても返済が可能であるのか

などなど、いくつかあげられます。

しかし、もっとも重要なことは、
「金利が将来どうなるかは、誰にもわからない」ということです。
今は「金利が低いだけ」ということを知っておくことが非常に重要です。

住宅ローンという金融機関の商品は、とてもたくさん種類があります。
1商品を個別に比較していくことは、あまり現実的ではありません。

弊社の「資金計画セミナー」では、より具体的な住宅ローンの選択方法をお教えしています。

Step4 ::: 予知防犯で家族を守る防犯計画

おおさかの家-狭小ベーシックハウス

ベーシックハウス
「ほかのヒトとは違う、ちょっといい家(こだわりの注文住宅)って高いんでしょ?」

ここ、大阪市内では10人中9人の方から、このような声をお聞きします。

こんな理由でハナから自分らしさがいっぱいのマイホームを諦めてしまっている方に、

「そんなことは無いんですよ」

と私は声をかけてあげたいです。


たしかに、注文住宅を1棟1棟ていねいに仕上げる弊社では、ボリューム的に大規模な分譲会社とまったく同じ価格でということは言えません。

しかし、弊社は独自の考えで仕入れルートを見直したり、無駄をなくすといった取り組みによって、「安かろう悪かろう」では無い、「高品質なものを適正価格」で提供できるように努力を重ねてきました。


「おおさかの家 狭小ベーシックハウス」は、注文住宅を高嶺の花とあきらめているような方々でも、「注文住宅=高い」といった常識を覆し、「自分らしさ」や「自分のスタイル」を目いっぱい取り入れた、自分達の暮らしのためのマイホームを実現していただくことができるように企画・設計いたしました。

狭小ベーシックハウスは、暮らしの快適性能を約束する高い品質を標準設計としながら、お客様のお好みで必要なところだけをグレードアップしたり、仕様を変更することで無駄なくマイホームをオーダーメイドできます。

分譲住宅並みの安心価格で、あなたのこだわりを自由に叶える、あなたスタイルの自由な家づくりをアシストいたします。

おおさかの家-狭小エコハウス

/oosaka-01.gif

「新しい家には、今流行りのオール電化にしたいです!」

「新築するなら、高気密高断熱住宅を考えています!」

私たちが「地球環境と暮らしやすさ」を追求する中で見つけた答えは「暮らしやすくエコな住まい」。

エコな住まいをテーマに企画・設計された「おおさかの家 狭小エコハウス」は、上述のような「省エネルギー」に高い関心を持っておられるお客様のご要望にしっかりとお応えできる住まいとなりました。


「暮らしやすさ」を求めて見つけた答えのひとつは「ヒートロスを無くす」こと。

「狭小エコハウス」では、ヒートロスを無くすための有効な設備をしっかりと標準設計に取り入れています。

代表的な設備として挙げられるのがオール電化設備。
エコキュートは大気の熱を利用してお湯を沸かす仕組み。

そしてIHクッキングヒーターは居住空間への余分な放熱を防ぐことのできる仕組みで、使用する電力も最小限で済むことから、家計にも「エコ」なんですね。

さらに注目したのが、窓ガラスからの外気熱や冷気の進入。
外気温の影響を一番受ける場所だけに、遮熱複層ガラス(俗にエコガラスと言います)を装備しています。

「暮らしやすく」そして「エコな暮らし」を、狭小エコハウスが支えています。

2010年03月19日

こだわりの素材~セルウォール

/sellwall.JPG

■木で出来た断熱材「セルウォール」(屋根断熱)

他に類を見ない抜群の遮熱力によって屋根裏の「ホットゾーン」を解消。

快適性能を大きく向上します。

2010年03月18日

こだわりの素材~Low-Eガラス

/low-e.JPG

■Low-Eガラス(別名:エコガラス)

外気の影響を最も受けやすい窓ガラスにエコガラスを採用しました。

*エコパッケージに全窓ガラスに標準採用
*ベーシックパッケージは南面の窓ガラスのみ採用

2010年03月13日

家づくりサポートツール1 「ご質問シート」+家作り計画書

家づくり

「ご質問シート」に、あらかじめ用意した17個のご質問にお答えいただくことで、「家作り計画書」の中にお客様の家づくり必要なカタチが見えてきます。

2010年03月12日

家づくりサポートツール2 「住まいの羅針盤」

家づくり
「住まいの羅針盤」は、なかなか言葉で伝えられない、ご家族の生活スタイルを明確にしてくれます。

32個のアンケートにご家族にお答えいただければ、ご夫婦のご家族のライフスタイルが、一目で明らかにできます。


2010年01月 « 新築狭小住宅・注文住宅(大阪)ならサテラホームトップへ » 2010年05月
資料請求
サテラホーム株式会社 | Facebookページも宣伝


リクルート社「大阪の注文住宅」2011年春号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2011年冬号に掲載されました

メディア掲載

リクルート社「大阪の注文住宅」2010年秋号に掲載されました

メディア掲載